邦人に対する死刑の執行についての緊急声明 死刑廃止を推進する議員連盟 事務局長

2010年04月07日

4月6日、死刑廃止を推進する議員連盟村越祐民務局長より「邦人に対する死刑の執行についての緊急声明」を発表したとのご連絡がありましたので、ご紹介します。

中国における邦人に対する死刑執行に対して、死刑廃止を推進する議員連盟事務局長として、緊急声明を発表しました。また、中華人民共和国在日本大使および岡田外務大臣に対しても同様の申し入れを行いました。

邦人に対する死刑の執行についての緊急声明
 
本日、中国政府は、覚せい剤を日本に密輸しようとした罪により中国で死刑が確定していた日本人 赤野 光信 氏に対し、死刑を執行しました。大変残念な事態であり、ここに遺憾の意を表明するものであります。

死刑は国家による殺人行為であり、いかなる場合にも認められるべきではありません。これは人類が歴史の中で幾多の犠牲を支払って遂にかちえた貴重な教訓に基づくものであり、地域・国家の別を問わない普遍の原理であります。

一方で、わが国政府が、その国民の生命が奪われ、また、奪われようとしていることに対して、強く抗議の意思を示さないことは誠に遺憾であります。国家の基本的な責務は自国民の保護にあり、他国の主権下に生じた事件であっても、自国民が可能な限り公正な手続きを受けられるよう努力すべきであり、また、その生命を奪われないよう対処すべきです。

わが国政府が強く抗議の意思を示してこなかったのは、わが国自身が、死刑制度を存置しているからに他なりません。わが国はまず、自らの襟元を糺して、すみやかに死刑制度の恒久的廃止を実現し、世界における人権先進国として、「いのちを守る」国家としての姿勢を明確にすべきであります。

死刑廃止を推進する議員連盟
事務局長  村 越 祐 民


戻る