最高刑シンポジウム~死刑に代わる最高刑として, 仮釈放のない終身刑についても議論を~

2013年09月13日

最高刑シンポジウム~死刑に代わる最高刑として,仮釈放のない終身刑についても議論を~

日本弁護士連合会は,2011年10月に行われた第54回人権擁護大会において,死刑のない社会が望ましいことを見据えて,「罪を犯した人の社会復帰のための施策の確立を求め,死刑廃止についての全社会的議論を呼びかける宣言」を採択しました。

死刑廃止についての全社会的議論に当たっては,死刑を廃止する場合の,死刑に代わる最高刑についても検討する必要があります。
その一つとして考えられるのが仮釈放のない終身刑です。

本シンポジウムでは,死刑廃止を巡る国内,国外の情勢を踏まえつつ,三人のパネリストから忌憚のない御意見をお聞きして,死刑に代わる最高刑,ひいては我が国の刑罰制度の在り方について考えたいと思います。

また,2013年2月に当連合会と大阪弁護士会が共同で実施した
テキサス州終身刑調査についての報告も行います。

皆様,奮って御参加ください。

日時:2013年9月24日(火)18時~20時(開場17時30分)

場所:弁護士会館17階1701会議室(東京都千代田区霞が関1-1-3)
地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結

内容:
○ テキサス州終身刑調査の報告
  報告者 堀 和幸 弁護士,日弁連死刑廃止検討委員会事務局次長
○ パネルディスカッション
〔パネリスト〕
  亀井 静香 衆議院議員,死刑廃止を推進する議員連盟会長
  野呂 雅之 朝日新聞大阪社会部「災害専門記者」(前論説委員)
  笹倉 香奈 甲南大学法学部准教授
〔コーディネーター〕
  小川原 優之 弁護士,日弁連死刑廃止検討委員会事務局長

主催:日本弁護士連合会

問い合わせ先:日本弁護士連合会法制第二課 TEL 03-3580-9985

* 入場無料・事前申込不要

▽ 日弁連ホームページ

▽ チラシ


戻る