作家の伊佐千尋さんが、死刑について語ります

2015年01月21日


作家の伊佐千尋さんが、死刑について語ります

 伊佐千尋さんは、アメリカ合衆国支配下の沖縄の陪審裁判を取り上げた『逆転』で第9回大宅壮一ノンフィフィクション賞を受賞し、島田事件をはじめこれまで数多くの冤罪を取り上げ、司法の犯罪を弾劾してきました。
 今回は、伊佐さんが、一人の弁護士の冤罪、再審そして死刑への想いに光を当て、死刑廃止と日本の死刑存置について考える機会を提供します。

テーマ 「弁護士 和島岩吉の死刑観」
 1973年(昭和48)日弁連会長であった和島岩吉は、戦後多くの冤罪事件、再審事件に関与してきました。徳本事件、徳島ラジオ商事件、加藤老事件、狭山事件、甲山事件などです。権力の誤りを糺すために闘った和島弁護士が、これらの事件の弁護をとおして、死刑制度についての考えが、どのような変遷を辿ったのか。
 作家の眼で見た弁護士の死刑観について、語っていただきます。是非、多くの方にご参加いただきたいと思います。

日 時  2015年1月29日(木曜日)
      開場 午後5時30分 
      講演と質疑 午後6時00分から午後8時00分
場 所  東京霞ヶ関 弁護士会館10階1006号室
講 師  伊佐千尋氏(作家)
司 会  矢澤曻治弁護士(第二東京弁護士会人権擁護委員会死刑制度廃止検討部会長)
対 象  弁護士及び一般市民
主 催  第二東京弁護士会、日本弁護士連合会(共催)
参加費  無料 

戻る