• 一覧へ
  • 前の質問
  • 次の質問
日本では「ひどいことをしたら死刑」って決まっていたの?
ウーン・・ところがそうじゃないんだよ。

あまり知られていないけれど、日本では平安時代に300年間も死刑の執行をやめていて、 これはおそらく世界で最も早く死刑を廃止していた国だったんだよ。

「罪をにくんで人をにくまず」という言葉があるように、日本ではひどいことをしたら必ずその人を死刑にしなければいけないという決まりはなかったんだ。
その言葉聞いたことあります!
日本が昔死刑を廃止していたなんてボクはじめて知りました。
 平安時代に、嵯峨天皇が弘仁9年(818年)に死刑を停止する宣旨(弘仁格)を公布して死刑執行が停止され、 保元の乱の起こった保元元年(1156年)まで、日本では347年の間、死刑執行は停止されていたと言われています。

 これは、不殺生を説く仏教の影響や、穢れ(けがれ)思想、怨霊信仰によるものと言われていますが、いずれにしても日本には死刑や流血を避ける文化があったようです。

 また「罪をにくんで人をにくまず」という言葉はもともとは孔子の言葉なのですが(孔叢子)、孔子の弟子が司法官の心構えを尋ねたところ、 孔子は「罪を犯したその動機・背景にまず目を向けるべきであって、罪そのもの(ひいては罪人)のみに囚われるべきではない」と答えたそうです。

 日本には「絶対に死刑にするべきだ」という文化があるわけではなく、むしろ寛容な社会を受け入れる文化があると思います。